Google Search Consoleを使ってウェブサイトを分析するには、まずサイトのプロパティを追加する必要があります。

プロパティを追加して、ウェブサイトの正当な所有者であることを証明するとサイトのデータ分析が開始されます。

ここではプロパティの追加とサイトの正当な所有者であることを証明の仕方について紹介します。

なお、Google Search Consoleを利用するにはGoogleアカウントが必要です。もしまだ持っていなければ先にGoogleアカウントを取得してください。

Google Search Consoleのプロパティを追加する

プロパティを追加するにはGoogle Search Consoleにログインして、画面左上のプルダウンメニューから「+ プロパティを追加」をクリックします。

Google Search Consolenoプロパティを追加します

「プロパティ タイプの選択」で作成するプロパティを選び「ドメイン名」か「URL」を入力して「続行」ボタンをクリックします。プロパティのタイプや入力値についてはこのあと説明します。

作成するプロパティを選択します

プロパティのタイプについて

プロパティのタイプは次の2種類から選ぶことができます。

  • URLプレフィックス プロパティ
  • ドメイン プロパティ

分析したい目的に応じてこれらのプロパティは使い分けて使用します。プロパティは複数作成できますので、最初はいくつか作ってみるのもいいでしょう。必要がなければ削除すればいいだけです。

URLプレフィックス プロパティ

URLのプレフィックスを指定するプロパティです。

URLのプロトコル(http、https、ftpなど)から始めてホスト名(FQDN)やそのサブディレクトリまでを先程のテキストボックスに入力します。最後の/まで指定する必要がありあます。

「プロパティ タイプの選択」画面で次のようなURLのプレフィックスを入力します。

例:
http://www.example.com/
https://example.com/foo/
      

指定したプレフィックスで始まるURLがプロパティの対象になります。つまり前方一致するURLが対象ですね。

ドメイン プロパティ

ドメインのみを指定するプロパティです。ドメイン プロパティは指定したドメインのサブドメインや様々なプロトコル(http、https、ftpなど)もプロパティの対象になります。

「プロパティ タイプの選択」画面で次のようなドメインやサブドメインだけを入力します。

例:
example.com
bar.example.com

すると次のようなプロトコル、サブドメイン、サブディレクトリのURLもすべて対象になります。

example.comの場合
https://example.com
http://example.com
https://bar.example.com
https://example.com/path/to

bar.example.com
http://bar.example.com
https://bar.example.com
https://bar.example.com/path/to

つまりこれは指定したドメインが含まれるURLがすべてプロパティの対象になります。つまりは部分一致するURLが対象です。

おすすめプロパティ設定

前述した通りプロパティは複数作成できますので「サイト全体」と用途に応じて「個別に確認したいURL」の両方のプロパティを作成することをおすすめします。

例えばドメイン プロパティで次のようにサイト全体のプロパティを作成し、

example.com

ドメイン プロパティやURLプレフィックス プロパティで細かく確認したいプロパティを作成します。

bar.example.com             // サブドメインをドメインプロパティで作成
https://example.com/        // 特定プロトコルをURLプレフィックスプロパティで作成

サイトの所有であることを証明する

プロパティを作成すると、そのウェブサイトの正当な所有か自動的に確認されます。確認できなければ次のような「所有権の確認」画面が表示されます。

次の画像は「URL プレフィックス」のプロパティを選択した時の確認画面ですが、いくつかの証明方法を選択できます(ここではHTML ファイル、HTML タグ、Google Analytics、Googleタグ マネージャー、ドメイン名プロバイダが選択できます)。

所有権の確認方法を選択します

アコーディオンメニューをクリックして開けば、それぞれの方法の説明を確認できます。もしやり方がわからなければSearch Consoleヘルプの「サイトの所有権を確認する」を参照してください。

「ドメイン プロパティ」の場合は、証明の方法として「ドメイン名プロパイダ」だけしか使えません。

ここでは「ドメイン名プロバイダ」での証明方法を簡単に説明します。アコーディオンメニューを開くと次のように表示されます。

ドメイン名プロパイダで所有権の確認をします

コピーのボタンを押して認証コードをコピーします。

あとはコピーしたコードをDNSサーバーのTXTレコードに設定します。TXTレコードの設定方法は、ご利用しているDNSサービスでの設定方法を確認してください。

TXTレコードの設定方法、特に既存のTXTレコードがある場合は「DNSのTXTレコードに複数の値を設定する方法」が参考になると思いますので、よろしかったら参照ください。

もしご自身のドメインのDNSサーバーを設定できない場合は「ドメイン プロパティ」は使用できませんので、「URLプレフィックス プロパティ」を作成する必要があります。

有料のレンタルサーバーであれば通常DNSサーバーの設定もできるはずですので、そのようなサービスに乗り換える方法もあります。

設定が終わったら「確認」ボタンを押します。問題なければ次のように所有権を確認した旨のメッセージが表示されます。

所有権が確認できました

以上でプロパティの作成は完了です。

後はSerch Consoleの画面でデータが取得できているか確認しましょう。

まとめ

Google Search Consoleはとても有用なツールです。是非活用してみましょう。