「Site Kit by Google」はGoogle公式のWordPressプラグインで、「Google アナリティクス」「Google Search Console」「PageSpeed Insights」「Google AdSense」などのGoogleツールとWordPressを簡単に連携させることができるプラグインです。

WordPressからGoogleのツールのタグを設定したり、管理画面からGoogleツールの表示を確認したりできるようになります。

「Site Kit by Google」を利用するにはGoogleアカウントが必要です。持っていなければ事前にGoogleアカウントを作成してください。

ここではWordPressへのプラグインのインストールとSite Kitのセットアップ方法を説明します。

「Site Kit by Google」プラグインのインストール

WordPressの管理画面にログインし、左側のメニューの「プラグイン」をクリックし、表示された画面の「新規追加」ボタンをクリックします。

そして「Site Kit by Google」を検索し、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

site kitプラグインを検索し、インストールします

「今すぐインストール」ボタンが「有効化」に変わったら、そのボタンをクリックします。

Site Kitのセットアップ

「Site Kit by Google」の有効化が完了したら、次にセットアップを行います。セットアップすると「Google Search Console」と「PageSpeed Insights」がまず連携されます。

Site Kitを有効化すると次のように表示されますので「セットアップ開始」をクリックします。

site kitのセットアップを開始します

次の画面で「Google でログイン」をクリックします。

Googleでログインボタンを押します

Googleアカウントを選択します。

Googleアカウントを選択します

必要な項目にチェックを入れて「Continue」ボタンをクリックします。

許可する項目にチェックを入れてContinueボタンを押します

「サイトの所有権を確認する」では「続行」ボタンを押します。すると自動でサイト所有者の確認が実行されます。

サイトの所有者を確認するために続行ボタンを押します

WordPressの管理画面(プラグイン)からGoogleアカウントのデータへアクセスできるようにするために「許可」ボタンを押します。

プラグインにアカウントデータへのアクセスを許可します

「サイトを追加」ボタンを押します。これでGoogle Search Consoleにウェブサイトが追加されます。

Search Consoleにサイトを追加します

これで完了です。「ダッシュボードに移動」を押します。

ダッシュボードへ移動します

すると次の画面が表示されます。

セットアップ完了後の画面です

これでSite Kitの初期セットアップは完了です。この後は、GoogleアナリティクスやGoogle AdSenseになどを連携させましょう。

まとめ

Site Kitプラグインを使うと、いくつものGoogleツールをウェブサイトに導入することや管理が簡単になります。是非皆さんも使ってみてください。